地域活動アーカイブArchive

令和6年度 黒髪校区「ミニ集会」ご案内

 校区の子どもたちが、安全で健やかに生活できますよう、「ミニ集会」を企画しました。家庭・学校・地域が連携を深め、子どもたちの生活を支えてまいりましょう。皆様のご参加をお待ちしております。

20240720_令和6年度黒髪校区『ミニ集会」[チラシPDF表示]

日時:令和6年 7月20日(土)

19:00~21:00(18:30受付開始)

場所:熊本市男女共同参画センター はあもにい 多目的ホール

対象:小中学校保護者・教職員・地域の方、校区外の方など、どなたでも!

・親子で参加できます。
・参加費は無料です。
・問い合わせ 黒髪校区青少協事務局(秋山高宏 090-3100-0261)まで

講演会:  「いのちを守る性教育」

     ~家庭・学校・地域で子どもを育むために~

     講師:松元 かおり氏 (NPO法人せいしとらんし熊本副理事長)

主催:黒髪校区青少年健全育成協議会

協賛:黒髪校区保護司会・黒髪校区自治協議会

共催:黒髪小学校PTA(当番校)・桜山中学校PTA

 

 

2024年度黒髪校区 夏祭り等のお知らせ

 

2024年度の黒髪校区における夏祭り等の予定をお知らせします。

■ 7月24日(水) 「地域ふれあいフェスティバル(4・5町内)」(場所:リデルライトホーム)

■ 7月27日(土)「我が町ふる里夏祭り」(場所:黒髪西公園)

■ 8月24日(土)「子飼公園地蔵祭り」(場所:子飼公園)

■ 9月28日(土)「14町内夕涼みの会」(場所:黒髪1丁目公園)

地域ふれあいフェスタ

2024年7月24日

 

 

 

黒髪在住の外国の方々との意見交換会 Opinion exchange meeting with foreign residents in Kurokami

2023年8月18日(金)、中央公民館で「まちづくり活動における多文化共生の推進に関する意見交換会 in 黒髪」が開かれました。
熊本市政策局国際課の松下修二郎課長から「熊本市の多文化共生の取組」、そして、熊本市文化市民局地域政策課の岡本智美課長から「まちづくりの取組」の講話があり、その後、「日本人も外国人も住みやすい黒髪のまちにするために」というテーマのもと意見交換を行いました。

 

On Friday, August 18, 2023, the “Opinion Exchange Meeting on the Promotion of Multicultural Coexistence in Town Development Activities in Kurokami” was held at the Central Community Center.

Shujiro Matsushita, Director of the International Division of the Kumamoto City Policy Bureau, gave a lecture on “Kumamoto City’s Multicultural Coexistence Efforts,” and Tomomi Okamoto, Director of the Regional Policy Division of the Kumamoto City Culture and Citizenship Bureau, gave a lecture on “Town Development Initiatives.”

Opinions were exchanged under the theme of “Making the city Kurokami town where both Japanese and foreigners can live comfortably.”

 

在住外国人の方々からは、「街が静か」「住みやすい」という感想が出ましたが、「『一緒に活動がしたい』、『仲間が欲しい』けれど、どこからどうはいっていったらいいのかわからない」とか、「ゴミ出しのルールが難しい」といった事が出されました。

 

Foreign residents commented that the city was quiet and comfortable to live in, but that they wanted to work together and make friends, but they didn’t know where to start.” and “The rules for taking out the garbage are difficult.”

 

黒髪の自治会からは、「ゴミの出し方」の他に、「避難所の運営にも参加してほしい」という意見が出ました。

 

A member of the Kurokami neighborhood association expressed the opinion that in addition to “how to dispose of garbage,” they also “want the residents to participate in the operation of the evacuation center.”

 

交流を深めるためには、日本語だけのポスターや回覧ではなく、英語が入ったものだと伝わりやすいことや、どうしていいか分からない場合は、自治会長や市や中央区の職員に何でも相談に来てほしいなどの事柄が話し合われました。

 

In order to deepen exchanges, it is easier to communicate if there are posters or circulars written in English, rather than posters or circulars written only in Japanese.If you are not sure what to do, feel free to consult the local council president or city or Chuo Ward staff for advice. Matters such as wanting you to come were discussed.

 

〇黒髪自治会からの参加者(敬称略)

・自治協会長 秋山高宏 ・自治協事務局長 渡邉祥子 ・自治連会長 竹田尚生
・第1町内自治会長 福田繁範 ・第4町内自治会長 小野寺武治

〇黒髪在住の外国出身の参加者(敬称略)

・インドネシア出身 スイスワヒュー マーロー(飲食店経営)
・マレーシア出身  ムハンマド・アイディルフィトリ・ビン・モハド・アドラム(イスラミックセンター代表)
・ベトナム出身   チュ ティ トゥ ヒエン(会社勤務)
・インド出身    アガモニ パタク(留学生)
・ドミニカ共和国出身 パパルイス(会社勤務)

 

※英訳は「Google翻訳」を利用

多文化共生推進・意見交換会(20230818)

多文化共生推進意見交換会参加者